柔軟でスケーラブルの放射線センサ

identiFINDER S900

カメラモデル: identiFINDER S900 DU 203.2-NGH
サポートページはこちら
product image

FLIR identiFINDER S900 は自律型センサで、リアルタイムの放射線検出と特定を可能にします。国境周辺、建物内、大規模な一般市民の群れの中、イベントなどにて放射線物質の存在や動きを検出します。S900 はフォーム・ファクターの種類が多様にあり、用途固有の環境や感度に適応可能です。展開はスタンドアロンのシステムにて開始可能で、必要性の変化に伴い、システム群に拡張できます。

自律型、リアルタイムの放射線検出

  • 瞬時の自律型モニタリング

    背景の放射線の変化が検出されると、自動で、収集したデータを広範なライブラリを基に分析します。放射線源が数秒で特定されます。

  • スケーラブルおよび拡張可能なアーキテクチャ

    検出ユニットのサイズとハウジングの種類は多彩で、高結果の脅威の防止目的で開放的に設置あるいは密封可能です。

  • 高度な温度マッチング・アルゴリズム

    患者等の無害の対象を脅威の源から分離し、他の領域モニタにはない独自の機能です。

製品仕様
システム概要
スループット
100 kcps 超
トレーニング要件
オペレータのために10分未満、上級者向けに1日
線量率/精度
50 keV – 1500 keV; ±30 %
シンチレーター動作範囲
100 µSv/時~10 mSv/時(10 mrem/時~1.0 rem/時)
ガイガーミュラー計数管使用範囲
100 µSv/時~10 mSv/時(10 mrem/時~1.0 rem/時)
サンプリングと解析
サンプル導入
EM ガンマ線の吸収
サンプリングと解析
数秒から数分まで
脅威
環境内の自然発生物、特殊な核物質、工業原料、医療用材料から放射されたガンマ放射線を検出する
システムインターフェース
通信
イーサネットRJ45、10 Mbit/s、100 Mbit/s
ディスプレイとアラート
identiFINDER S900 データ・プロトコル(ネットワーク統合向け)
テクノロジー
線量率範囲
0.01 µµSv/時~1 Sv/時(1.0 µrem/時~100 rem/時)
組込みソフトウェア
Windows® CE オペレーティングシステム
エネルギー領域[ガンマ線]
25 kev- 3 MeV
ガンマ線[高線量率]
エネルギー補正型ガイガー・ミュラー計数管
ガンマ線、NaI
2.0 x 3.0 インチ(51 x 76 mm)
ガンマ線スペクトル
1024チャンネル; 3 MeV
過負荷閾値
10 mSv/時~1 Sv/時(1.0 rem/時)
使用間隔
2年おきのサービス推奨
安定化
キャリブレーション源; LED
テクノロジー
自律型放射線センサ
一般的な解像度
662keVで≦3.5%FWHM
最大入力計数率
300 kcps
環境
使用湿度
10~80%、非凝縮
使用温度
-4〜122°F(-20〜50°C)
保存温度
-22°~158°F(-30°~70°C)
電源
コールドスタート時間
15分
入力電圧
DC 12V、3W、パワー・オーバー・イーサネット(Power over Ethernet:PoE)
物理特性
重量
5.3 lb (2.4 kg)
筐体と保護
アルミ、接続ベルト(Tensabarrier およびBelTrac に適合);保護レーティング IP54
寸法[H×Dia.]
25.8 x 2.5 インチ(654 x 63 mm)
関連ドキュメント
輸出規制

輸出規制

このページに記載されている情報は、輸出管理規則(EAR)による輸出規制の適用を受ける軍民両用製品に関するものです。 なお、米国の法令に反する製品の転用は禁じられています。 特に禁止されていない限り、外国人または外国当事者への輸出または譲渡の前に米国商務省の許可を取得する必要はありません。

identiFINDER S900 - Model: identiFINDER S900 DU 203.2-NGH

Change Selection