BMWが赤外線カメラを自社モデルに搭載

BMWとして世界中に知られるBayerische Motoren Werkeは、世界で最も名声を得ている車のブランドのひとつです。 最新テクノロジーのすべてを装備した、高級、高品質、安全で環境に優しい自動車の象徴といえます。

BMWグループ内では、安全性の問題が非常に重要視されています。 事故を回避し、万が一事故が発生した場合の負傷を軽減するために、さまざまな技術が導入されています。

夜間運転:日中の運転に比べて事故のリスクは2倍になります。

交通事故統計によると、夜間の運転は潜在的な危険が大きいことが分かります。 ドイツでは、運転全体の平均約75%は日中に行われているにもかかわらず、死亡事故の50%は夜間に発生しています。 これは、夜間の運転はリスクが日中の2倍高いということを意味しています。 同じような状況が米国でも見られます。 夜間の運転は全体の28%であるにもかかわらず、死亡事故の55%は夜間に発生しています。

ヨーロッパ全体の事故統計も、夜間運転の問題を集中的に検討することの正当性を示しています。 試算によると、ヨーロッパでは約56万人が夜間に負傷しており、約23,000人が死亡しています。

夜間の運転をより安全に

BMWは何年もかけて、夜間にドライバーに安心感を与え、同時に全般的な道路の安全も向上させる革新的なテクノロジーの開発に努めてきました。 技術革新には、明るさと光の到達範囲が大幅に向上したキセノンランプ、水平方向に旋回するヘッドランプで前方の道路の明るさを確実に相当程度向上させる「アダプティブヘッドライト」、ヘッドライトを自動的にオン、オフする「ハイビームアシスト」などがありますが、これらはBMWモデルに取り付けて夜間運転中のドライバーをサポートする技術のほんの一部です。

「BMWのナイトビジョンシステムの一番の目的は、歩行者や動物など、完全な暗闇の中では光ることのない生物を検知することです。」とRuss氏は説明します。 「サーマルカメラがあれば、人は約300m先まで検知することができます。 これはヘッドライトよりもずっと遠い距離です。 人を早期に検知できれば、死亡事故を少なくすることができます。 また、動物の早期検知は、特に北欧の国々では、ドライバーの命を守ることにもなります。 例えばムースをはねると、重傷を負う原因となることが多いのです。」

夜間やひどい悪天候の中でもドライバーの視界を向上させるもうひとつの近年の技術革新は、「BMWナイトビジョン」システムです。 このシステムのコアは、フリアーシステムズの赤外線カメラです。 BMWは自社の自動車にこのテクノロジーの実装を開始したヨーロッパ初のプレミアム自動車メーカーです。

関連記事