Before After の温熱環境を可視化する 東京大学事例

フリアーシステムズのサーモグラフィカメラはリフォームや新築など重要な決断の判断材料として大活躍

住宅産業が顧客に対して提供する価値は快適な住環境の実現だ。熱画像を使えば、住環境の改善に繋がるアドバイスも可能だ。前真之 東京大学工学部建築学科准教授に、勘所を聞いた。

前真之 東京大学工学部建築学科准教授は、2008 年から真のエコハウスの姿を追い求め、空調・通風・給湯・自然光利用など幅広い研究テーマに取り組んでおり、「 断熱・気密性能が高く、頭と足元の上下に温度ムラのない家」こそが快適性の高いエコハウスの条件だと考えます。
前准教授は、2010 年頃よりフリアーシステムズのサーモグラフィカメラを使用して、住宅の断熱性、気密性を視覚情報に置き換えて評価しています。FLIR のサーモグラフィカメラについて「始めて使用した時は感動した。熱画像を使うと、快適性の違いが一目瞭然」、「建築の専門知識がない一般の人にも住まいの熱環境の重要性を理解してもらいやすい」と述べています。また「従来の文字や音声による住環境改善のアドバイスに、直観的なわかりやすさを備える視覚情報として熱画像が加われば、ユーザーとの信頼関係の構築に大きく貢献する」と述べています。


サーモグラフィカメラを使用すれば快適性も可視化可能

image

 

事例のダウンロードは右のフォームよりお願いいたします。

 

 

関連記事